漢方専門 和漢薬 馬場香嶺堂薬局

アトピ− アルマジロ?


アトピ−

色素沈着で黒くつや消しのボロボロ落ちる皮膚のアトピ−の人を見るたび心が痛みます。だってそれは、アトピ−の症状というより、治療で使ったはずのステロイド剤の副作用だからです。皮膚はステロイド剤により薄皮になり、毛細血管がいつも広がり真っ赤になり、硬くバリバリにひび割れて血がにじみ、うすいバリアのため、感染症にも弱くなり、紫外線から守るため色素沈着も起こり、まさに踏んだり蹴ったり状態なのです。でも、漢方による朗報があります。半年、1年の単位ではありますが、元の皮膚の状態に戻りつつある方がいらっしゃいます。本人の努力も涙ぐましいものがあります。いくら治り始めても、引っかき壊しては、振り出しに戻ってしまうので、手袋をして、さらに手を縛って寝ていたそうです。頭が下がりますね。

アルマジロ?

当店の「ス−パ−スタ−」です。ショ−ウインドウを見て、「あっ、アルマジロだっ」の声が響き渡ります。敵に出会うとボ−ル状に丸まって身を守るアルマジロは漫画にも良く出てくるみたいで、皆さん興味をもたれるようですね。本当は「穿山甲(センザンコウ)」といって、山に穴を掘っている甲羅(こうら)をもった動物という意味で、中国南部から東南アジア、アフリカに分布しています。南米のアルマジロに良く似ていますね。漢方では媚薬(びやく)の材料や鱗(うろこ)をリウマチのお守りや魔よけとしているみたいです。

漢方専門
和漢薬 馬場香嶺堂薬局
東京都中野区新井1-11-7
03-3386-2270
koureidou@nifty.com

http://koureidou.com