漢方専門 和漢薬 馬場香嶺堂薬局

体内時計


体内時計

ヒトの体の中に「体内時計」があるというのを聞いたことあるでしょ、生体のリズムを刻むために備わっているのですが、外部の環境に合わせるためなのか体内時計は1日が25時間制なので、1時間のズレがあるんですよ、そのままだと2週間で昼夜逆転してしまうので、ヒトは朝の光を浴びて体内時計をリセットして時計あわせをしているんです(さらに、朝食を食べることも体内時計のリセットになります)明け方近くまで寝付けず、いったん眠ると昼過ぎまで目が覚めないのは体内時計が遅れてしまったためです。夜型の生活をしていると毎日1時間ずつ遅れてしまうのです。逆に高齢者などに多い、夕方から眠くなり早朝に目が覚めてしまうのは体内時計が早い時間にズレているからなんです。したがって、高齢者の場合は午後1時から3時ころまでの30分程度の軽い昼寝と夕方の散歩の時に夕日を浴びるなどの方法で体内時計を遅らせて就寝の時にちょうど良い眠気を誘うのが良いでしょう。原始時代より人間は太陽が出て目覚めて日が沈んで眠りに入るという生理的なものがあるんですよ。ですから朝太陽の光を浴びるというのはすごく重要なことなんです。睡眠と覚醒の生体リズムが崩れると不眠に悩むことも多いんです。

睡眠U

ヒトの1日は16〜17時間覚醒し、7〜8時間を睡眠に使います。入眠すると4段階の階段を下りて身体も脳も眠っているノンレム睡眠に入ります。そのまま降りると永遠の眠りに入ってしまうので、脳を覚醒して揺り動かすレム睡眠になります。このサイクルが1時間半で、一晩4〜5セット繰り返し3セット目から浅くなり目覚めます。レム睡眠の脳波は覚醒時と似ていますが、瞳孔は小さくなり光が入りにくく、耳も筋肉が緩んで音がはいりにくく、手足の感覚も少なくなります。脳は外界からの感覚刺激が入らないため、現実の修正を受けず、覚醒時のような論理的思考が出来ず非合理的、非現実的な夢として展開されるのです。不思議な「金縛り」はストレスや過酷な有酸素運動などがきっかけで脳が興奮したまま、このレム睡眠に入り、全身の脱力と意識の覚醒が同時に起こった状態で、脳は活動してるのに身体がノンレム状態で全く動けないため、脳は不条理を説明するため、金縛りにかかる直前の室内の記憶が鮮明な夢となって映し出され、胸に圧迫感や誰かに押さえつけられているように考えるのです。いわゆるベットに寝ている自分の姿を天井から見ているという、幽体離脱なんかも本当はこれのようです。話は違いますが、統合失調の人の「あの人が私の悪口を言っているとか、テレパシ−を飛ばしている、いないはずの自分の好きな人が今ここにいるのを見た」などの、被害妄想の話などは現実世界で覚醒しているにもかかわらず、頭の中でつくった夢を「白日夢」として現実と同時に見ていて、「自分の悪意の考え、強い願望」などが、さも現実のように思えるので、説得しようとしても、本人にとってはうそをついているわけでもなく、自分の作り話とも思えないため、絶対納得できず、とても苦しいのですが、現実として受け入れざるを得ないのです。現実の世界が最近の映画のリアルなVFXの合成シ−ンの様に、本人には見えるのです。人間の脳が暴走混乱すると実にリアルな仮想現実が出現してしまい「百聞は一見にしかず」の真逆になってしまいます。「真実は目に見えるものだけだはない」といえますね。ところで朝起きにもちょっとしたヒントがあります。朝の目覚まし時計のセット時間にコツがあります。1時間半ごとに来る脳が起きはじめる「レム睡眠の時」を、階段を登るように、目覚めに利用すると、気持ちよく起きられます。眠りのセットが3回繰り返された4時間半、4回の6時間、5回の7時間半が目覚めの「グッドタイミング」です。男のヒトにしか理解できませんがいわゆる「朝立ち」はレム睡眠の時に起こるので、グッドタイミングで目覚めた健康の証かもしれませんね。

漢方専門
和漢薬 馬場香嶺堂薬局
東京都中野区新井1-11-7
03-3386-2270