漢方専門 和漢薬 馬場香嶺堂薬局

決められない人へ


決められない人へ

右か左かどっちか決められないのは欲張りだからです。両方ともよく見えるからです。だから自分で選ばない楽な方法を見つけようとします。あらゆる言い訳をよくもまあ探してきます。もうひとつ、最初から右か左か決まっているのに誰かが同じ答えを出すまで、しつこく「保障」を求める責任逃れの人もいます。どちらも「決められない」のではなく、「決めない」のです。だから一切努力はしていません。ぐずぐずしていると、誰かが助けてくれるのを期待していますが、かといって素直にそれを受け入れない、へそ曲がりの面もあります。「箸にも棒にも引っ掛からないヤツ」と思われないように、こう考えてください。内容にかかわらず「左」なら左と法則を決めておきます。あとはフロ−チャ−トを想定して、問題ごとにどちらでも思いつきでいいですから、二者選択していきます。最悪左4回で元に戻ります。迷ったらもと来たところまで戻るが結局、最短距離という事です。問題にぶち当たってから考える、その場その場の積み重ねのほうがうまくいきます。予想ばかりしているとハズレル事が多いのですから。物事に直面したらそこで初めて右か左かを選んで見ましょうよ。

山積みの不安の解消方法

手近かにあるものでかまいませんから、少し厚い無地のカ−ド十枚程度とそのカ−ドが入るふたつきの箱4個を用意します。箱のふたにそれぞれ「やる予定」「実行中」「解決済み」「ゴミ箱」と書きます。日曜日に来週1週間の予定を立てます。それをカ−ドに書きます「パソコン教室の申し込み」「証明写真を撮りに行く」「漢方薬を買いに行く」等なんでもいいです、とりあえず1週間の範囲でやりたいこと、しなくてはいけないことをアバウトでいいですから、ひとつずつカ−ドに書き出し「やる予定」の箱に入れておきます。月曜の朝その中から今日やれそうなものを選んで「実行中」の箱のふたの上におきます。外出の時、持って出ればさらにいいです。もしうっかり出来ちゃったなら、そのカ−ドは「解決済み」の箱の中に入れてください。カ−ドにはどうやって解決できたかメモしておいてください。ゆくゆくそれはあなたの宝物になります。増えれば増えるほど、それは心の貯金が増えたということです。今日、出来なかったカ−ドは「実行中」の箱に戻します。また翌日「やる予定」からカ−ドを「実行中」に増やしてもいいし、そのままでもいいです。そして1週間たった日曜日に「実行中」に残ったカ−ドすべてをさっさと「ゴミ箱」に捨てます。そしてまた来週を予想して「やる予定」に新たに書いたカ−ドを入れていきます。ポイントは実行できなかった事を未練なく「ゴミ箱」に捨てるということです。必要ならまた予定に入れればいいし、本当に必要ではなかった事は、自然淘汰されていきます。これがスム−ズに出来るようになれば、かなりの進歩です。あなたは頭がよいのかも知れませんがこれらを整理するスペ−スを頭の中に確保し維持し続けることは苦手なはずですし、客観性のためにも、頭の中でやるべき事を外に出すという事は重要なことです。ノ−トに書くのではなく独立したカ−ドというのがミソです。