漢方専門 和漢薬 馬場香嶺堂薬局

精神的な人を抱える家族


精神的な病気の人を抱える家族の方へ

痛いほどよくわかりますよ。病気の本人より、むしろどこにも相談できないようなフラストレ−ションにさいなまれている事でしょう。家族でなければ「御免こうむりたい」ような相手ですよね。いくら「大丈夫だよ」と説得しても、その場は納得したようなふりしても「やっぱりだめだ」とばかり堂々巡りの繰り返しにうんざりの毎日だとお察しします。しかも巷の風潮として「責めてはだめ」「追い詰めてはだめ」「がんばれと励ましてもだめ」と八方塞で、何かしようものなら家族が悪者のようになってしまいますよね。だから家族は一人また一人と逃げ出してしまうのも無理はありません。たいていの場合最後に残るのは母親です。しかも肉親なだけにお互いの甘えも存在するため、「0には何を掛けても0のような毎日」はあきらめさえ憶える事でしょう。でも安心してください。私のところにいらっしゃい。漢方薬と親子共々のカウンセリングとアドバイスでこの難題を切り抜けましょうよ。

周囲の人の考え方

精神的な病気の人が家族にいる方はある程度割り切って考えてください。その「彼女」「彼」は「面の皮の厚い、優しいうそつき」なんです。その場限りの相手が望んでいるようなことを言ってしまいます。その場から「逃げたくて逃げたくて」仕方が無いのです。(ソワソワ時計のほうを気にするような仕草ですぐわかります)だから罪の意識すらなく平気で安請け合いします。そのことが実現不可能なことでも、後ろめたくなんか無いんです。だから家族は結果として裏切られ、振り回されたように感じるんです。もともと彼らにとっては「絵に描いた餅」なのです。もともと実体の無い「逃げ口上」にすぎないので、後で謝らないでしょ?だからますます腹がたちますよね。「申し訳ない、申し訳ない」といいながらそれは「できない自分自身に言っている事」で家族に言っているわけではないのです。ましてや、それを克服しようとはしないのです。私はそんな患者さんに「そんなに申し訳ない」と思うのなら、家族に「ありがとう」、「お願いします」と言ったらいいのに、と提案します。周りの人は、切り抜けようと努力する姿を見れば、たとえ結果が伴わなくても納得したがるものなのですが、努力もせずに一歩も動かず「それは出来ない」と確信する姿はあきれるばかりでしょ?しかもその理由たるや「人が多いから電車に乗れない」というたぐいで、まさに「子供の愚図り」です。じゃあ人の少ない時間ならいいのかというと、問題が解決されるのは都合が悪いので、「雰囲気が悪い」などとわけのわからない言い訳を探します。最後には「そのこと」を考えないようにしてるから、「もう、やめてくれ」とまでに、言い張ります。困ったものですね。ところで、まったく別のケ−スですが、デイカプリオとケイト・ウインスレッドの「レボリュ−ショナリ−・ロ−ド」という映画の中で知り合いの夫婦とその精神病の息子とで食事をするシ−ンで、その息子は関係のないデイカプリオ夫婦に、ありとあらゆる人格を否定するような罵倒をします。とうとう激怒したデイカプリオに息子の母親役のキャシ−・ベイツが「この子は病気だから」「この子は病気なのよ!」と逆にデイカプリオを責めますが、自分の息子は野放しです。どんな事を言われようが、それが「病気」という事だけで、かたずけられることは悲しいことです。